ビットコインで何ができるのか?

ビットコインとは何? ビットコインの基礎知識

ビットコインとは何なの?

ビットコイン投資を始める前に、まずは最低限のビットコインの知識を学びましょう。

まずはビットコインを持っていると何ができるのか?という事です。

ビットコインは、インターネット上で発行し、取引される仮想通貨の1つです。BTCと略されます。

仮想通貨という言葉が表しているように、私たちが日常使っているお金(法定通貨)のようなお札や硬貨などの実体はありません。

ただし、仮想通貨も普通のお金と同じように物を買ったり、サービスを受けたりした時にその対価として支払って使う事ができます。

ビットコインは、安全な取引のために暗号化技術が使われているため、暗号通貨とも呼ばれます。また、暗号資産と呼ばれることもあります。

仮想通貨、暗号通貨、暗号資産、それぞれ呼び方は異なりますが、全て同じ意味ですので、頭に入れておきましょう。

ビットコインは何に使えるの?

ビットコインは、世界中のあらゆる国で利用されています。お札や硬貨のように目に見えたり触ったりする事ができるような実体はありませんが、普通のお金と同じように利用する事ができます。

ビットコインを使ってできることは主に3つあります。

  1. ビットコインの売買で利益を得る(投資)
  2. 買い物の代金としてビットコインを使う(決済)
  3. 他の人にビットコインを送る(送金)

では、1つずつ解説していきます。

1.ビットコインの売買で利益を得る(投資)

現在のところ、ビットコインの使われ方で最も多いのは投資です。

国内には23ヶ所の仮想通貨取引所(暗号資産交換業者)があります(2020年5月18日)。

株式のインターネット証券と同じように、インターネットを通じてビットコインなどの仮想通貨を売買する事ができます。

ビットコインが安い時に買い、ビットコインが高い時に売れば、その差額が儲けとなります。

株式投資をする場合には、ある程度まとまったお金が必要となりますが、ビットコイン投資の場合、数百円から売買をする事ができます。

まとまったお金がなくても、少しずつでも投資をしたいという気持ちがあれば、少ない金額で今すぐに投資を始める事ができます。

ビットコインの取引額や取引をしている人は、年々増加しており、今後さらに増加していく事が予想されます。

株式はファンダメンタル分析など、銘柄選びが難しいだけでなく、市場の環境など様々な要因で価格が上下します。

対してビットコインは、ファンダメンタルズというのはあまり関係無く、ビットコインを買いたい人が多ければ価格が上がり、ビットコインを売りたい人が多ければ価格が下がるというシンプルな仕組みになっています。

2.買い物の代金としてビットコインを使う(決済)

レストランやネットショップで買い物をした時、現金で支払ったり、クレジットカードで支払ったりするのと同じように、ビットコインで支払う事ができます。

ビットコインは、お札や硬貨のような実体がありませんので、仮想通貨取引所に口座を開いてそこにビットコインを入れておき、そこから代金が引き落とされるようにして支払います。

DMM、コジマ、ビックカメラ、ソフマップなどの皆さんがよく利用される店でも既にビットコインが使えるようになっています。

これからさらに、ビットコインで決済できるお店は増えていく事が確実ですので、ビットコインの資産価値は高まっていくでしょう。

店側としても、実はビットコインで決済してもらう方がお得なのです。

お客さんがクレジットカードで決済した場合、お店側は手数料として3%〜6%程度を支払わなければなりません。

ところがビットコインで決済した場合には、その手数料を1%程度に抑える事ができます。

店側としては、クレジットカードよりもビットコインで決済してもらった方が手数料を安く抑える事ができ、結果としてより利益を出す事ができます。

3.他の人にビットコインを送る(送金)

ビットコインは、海外にお金を送金するのにも活用されています。

家族が海外に留学などしていて、海外に送金する時に、銀行の海外送金サービスを利用すると、1回あたり3,000円程度の手数料がかかります。

毎月仕送りで送金するとなると、この手数料は大きな負担になります。

その代わりにビットコインを使うと手数料を大幅に抑える事ができます。

手順は以下のとおりです。

  1. 国内の仮想通貨取引所で口座を開いてビットコインを購入する。
  2. 海外の仮想通貨取引所で口座を開設する。
  3. 国内の仮想通貨取引所から海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金する。
  4. 受け取った仮想通貨を売却して現地の通貨に交換する。

この間にかかる時間は10分くらいであり、かかるコストも数百円程度と安いです。

これは海外に毎月仕送りなどを送らなければならない場合に非常に大きなメリットになります。

まとめ

このようにビットコインは、普通のお金として使えるお店がどんどん増えてきていますので、現金と同じような価値があります。

仮想通貨という名前からは、存在しない通貨というイメージを持ってしまいがちですが、れっきとした価値のある現金と同じような通貨です。

ビットコインを利用するメリットは多いので、これからどんどん活用されていくようになるでしょう。

そして、ビットコインの需要が高まれば、ビットコインの価格は上がっていきます。

ビットコインに投資して稼ぐならできるだけ早く始めた方が良いです。

タイトルとURLをコピーしました